おためしラボ

気になる技術に触れてみた件

書籍

最近買ってみてよかった本 その1

投稿日:2017年7月20日 更新日:


「10才から始めるプログラミング図鑑 たのしくまなぶスクラッチ&Python(超入門)」
創元社/定価2800円+税

おためし君1号です。
プログラミングで色々と開発するために、汎用性の高いPython(パイソン)を取り入れてガチャガチャやっています。Pythonは関連書籍も豊富で、インターネット上でも疑問を逆引きできることが多く、特に初心者には取っつきやすい言語だと思います。

この書籍は子供へのプレゼントとして購入したものですが、アメリカンなデザイン(MOTHERっぽいキャラクターが沢山出てきます)がとっても味わい深く、子供だけではなく大人が読んでも楽しいと思える内容になっています。一般的な教本は文法中心ですが、目で見て楽しむ形にまとめられているので、純粋な気持ちでプログラミングに触れ直すことができると思います。

たまには一服、気分を変えてみるのも学びを継続するコツですよね。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

非接触バイタルセンシング(加速度)

おためし君1号です。 前回の記事で「非接触バイタルセンシング」を試してみたのですが、その時の状況を更新します。ここでは、Kinectが認識する24の関節情報のうち、頭・左ひじ・左手・右ひじ・右手の3次 …

Kinect V2プログラミングを学習中…

おためし君1号です。 僕は今、Kinect for Xbox One センサーを購入してプログラミングを学習しています。 とは言え、インターネット上では日本語での情報が少ないように感じたので、新たに書 …